庄司晃平 ジュエリー展 
2018.7. 30〜8.4


〜プロフィール〜
庄司晃平(しょうじこうへい)1978年生まれ。山形県出身。高校進学を機にアメリカ・ボストンへ。高校卒業後、School Of Museum Of Fine Arts (ボストン美術館付嘱大学)へ入学。そこで彫金に出会う。同校終了後、North Bennet Street SchoolのJewelry Making And Repair科へ入学。同校にて、アメリカで最高のジュエリー職人育成者に出会い、影響を受け、ジュエリー作りと修理を学ぶ。同校終了後、現地にて就職。ジュエリーキャストの会社に約6年勤務し、ジュエリーの作りと磨きを修得。2011年、帰国。同年、Red Velvet株式会社を設立。同社は、オーダーメイドのジュエリー制作を専門とする。2014年5月、銀座幸伸ギャラリーでグループ展を、同年12月、目白ルヴァンギャラリーで個展を開催。2015年は、銀座にて、グループ展と2回の個展を開催。現在に至る。

〜メッセージ〜
一点物のジュエリーだけにこだわった作品を発表する展示会。さまざまな技術を用いて作るジュエリーは、ここでしか出会えない一品たちです。未来のジュエリーがみえる作品や、糸ノコを使って作るコインの作品を展示します。お客様にみて楽しんでいただける展示会にしたいと思っております。ぜひ見にいらして下さい。

milk_btn_pagetop.png